主な時効期間

どんな債権かいつから時効完成まで根拠条文
飲食・宿泊代金飲食・宿泊が終了した時1年民法 第174条
売買代金売買をした時2年民法 第173条1項
財産分与請求権離婚の時2年民法 第768条2項
塾の授業料授業料の納期2年民法 第173条3項
医師・薬剤師・工事請負債権治療・工事が終了した時3年民法 第170条
個人、個人貸金業者の貸金債権弁済期日又は最後の取引日10年民法 第167条
契約解除権債務不履行の時10年民法 第167条
確定判決等に基づく債権判決等確定時10年民法 第174条2項
過払い金請求最後の取引日10年民法 第167条
PL法に基づく請求権製造業者等が当該製品を引き渡した時10年PL法 第5条後段
債務不履行に基づく損害賠償請求権損害賠償請求をすることができる時(原則として債務不履行の時)10年民法 第724条
不法行為に基づく損害賠償請求権被害者が損害及び加害者を知った時3年民法 第724条
抵当権被担保債権の弁済期日20年民法 第167条2項
リース料債権原則として各弁済期日5年商法 第522条
給料、残業代給料日2年労基法第115条
退職金支払日5年労基法第115条